延命十句観音経とは

 

 

延命十句観音経は切羽詰まった時、追い詰められて二進も三進も立ち行かなくなった時に

 

心を込めて実践を累積させると、なぜか素晴らしい効力を発揮すると云われてます。

 

 

以下が、そのお経の文言になります。

 

延命十句観音経

 

観世音 かんぜーおん

 

南無佛 なーむーぶつ

 

與佛有因 よーぶつ うーいん

 

與佛有縁 よーぶつ うーえん

 

佛法僧縁 ぶっぽうそーえん

 

常楽我浄 じょうらくがーじょう

 

朝念観世音 ちょーねんかんぜーおん

 

暮念観世音 ぼーねんかんぜーおん

 

念念従心起 ねんねんじゅうしんきー

 

念念不離心 ねんねんふーりーしん

 

 

 

このお経はアジア圏( 仏教文化圏 )において1500年以上の
実績( 霊験 )を伴う歴史もあるのだとか。

 

 

 

人間の能力は複雑かつ多様なもので、単純に知力や学力だけで計れるようなものではないですが

 

 

近年では右脳開発で有名な七田チャイルドアカデミーにおいて

 

これを唱えるトレーニングというのを七田教室で試験的に取り入れたところ

 

学習の分野においても、その効果は目覚ましいものがあったという実証報告もあります。

 

 

七田先生は、その効能を絶賛し以下のように紹介していたとのこと。

 

 

 

( 以下引用 )
<小学生の子どもたちに延命十句観音経を30分、3カ月の間、唱えさせたところ
守護神が現れ以後、さまざまな場面で助けてくれ、学習が楽になった
というレポートがいくつかあります。
延命十句観音経には超能力的な脳力を引き出す働きがあるようです>

 

( ここまで )

 

 

形而上の領域や超能力的な能力云々については、さらにチェックしずらく
合理性から乖離していく領域になるので
これも棚上げさせていただきますが少なくとも実践により集中力が高まる可能性は示唆されると思っています。

 

 

 

また霊験記にあるような摩訶不思議で奇跡的な事までいかなくっても
近年ではお経を読経し日々の習慣にすることで
認知症やボケ予防にもなるとされ
読経療法というメソッドまであって近年脚光を浴びています。

 

 

私の執筆した、このサイトでは自分自身を被験者にして能力開発や
かろうじて内観でチェックできる連想観念の積極化をメインにし

 

心を込めた読誦回数の積算、累積の持続が何をもたらすか?ということに言及した執筆をしています。

 

 

正直に申し上げるなら十句経にまつわる常軌を逸した奇跡云々は正直、十分に分析できていません。

 

未だにエニグマです・・・

 

 

ですが

 

丹田に氣を沈めて1000回暗唱というのは
数の累積による脳の馴れと意識の推移により
内界の心象風景を清明、積極に変え心の振動数( 心の力 )を高めて
日々を恬淡、一つ一つのことを丁寧に処すきっかけを与える。
投入に対する応報的善因果という点でも
何かそこに重大な秘密があると思ってます。

 

 

 

 

 

 

幾ばくか研究した立場で、この十句観音経にコメントするなら

 

 

このお経を積算することで心象風景が明るく朗らかに生き生き、かぐわしく変わるきっかけを与えて

 

観世音菩薩との安堵に満ちた不思議なつながりを日々深める中で´あらゆることでどんどんよくなっていく´という響きも感受できる。

 

幾ばくかの相性はあるかもしれませんが

 

いろんな尊いエッセンスがぎゅうっと濃縮された至妙なものという感覚を

 

( 私の場合は )このお経に抱き持っています。 

 

 

 

 

さらに

 

何度も、何度も、同じことを繰り返し伝え唱えることで深層の臍下の深い筋肉を動かし丹田にも気がこもりやすく
動じない腹を作り耕せるという尊いオマケがつく・・

 

白隠禅師が激賞したのも頷ける気がしています。

 

 

 

Sponsored Link