日本人の集合無意識と観音信仰の恩恵ネットワーク

 

私がこの10句42文字のお経に注目したのは

 

 

冒頭に述べたように

 

 

言わずと知れた

 

もはやライフワークになってる自己陶冶も兼ねた日本人に合う私たち庶民にも届きやすい
心の奥底のマイナスの思凝りを溶かす方法の候補のひとつと考えたからです。

 

 

 

障礙を除き内奥をクリーニングすることに一役買えるのではないか?

 

という可能性を感じたからに他なりません。

 

 

 

 尤も、私が提示し検証してることは、お経の読誦が潜在意識の浄化に寄与するという前提で

 

 

合理的に説明できる範囲の功徳でして

 

 

白隠禅師が「 延命十句経霊験記 」で直に見聞し体験為さったような・・
いわゆる合理的には到底説明できないような霊験については
どういう機序で、こういうことが起こるのか??私には未だに分析しきれていません。

 

 

ですが、それについては未消化でも

 

 

 

個人の潜在意識のさらに奥の集合無意識のとこで、この十句経に何かあるんじゃないかと思った理由は

 

 

 

日本人の集合無意識である“日本人的自我”と言いますかDNAの中には

 

( すっかり断絶された感は否めないけども ) 

 

お日様への畏敬の念と歴史的、ご先祖さま的に

 

不安や苦を除き安心を感じさせ魂の進化を促すということで

 

伝統的には、お釈迦様が長い苦闘と修行、

 

深い人間洞察、内面の探索の末に悟られた智慧と慈悲の象徴

 

修行の動機や悟りの内容の象徴

 

 

はかりしれない慈悲の象徴としての観音菩薩という集合的イメージとしての敬慕や親しみがあって

 

それが歴史的な日本人の原初イメージとして横たわっていて

 

 

それを拠りどころにしてきた背景が日本という土地の風土、心性に存在しているという気がするからです。

 

 

 

 

 

それを証拠に般若心経というお経

 

1500年前のものであるにも関わらず
事実として、なんだかんだ言いながらも、このお経が日本人には最も身近なものとして

 

病の平癒や所願成就・・はたまた広大無辺な仏の知恵を悟り御守護を賜るために・・
ということで、よく読まれ写経も盛んに行われています。

 

私も写経については幾ばくか研究してますが・・

 

 

 

 

で・・よくよく考えると・・

 

( 考えるまでもないし、こういうのを学んでる方には、まさに釈迦に説法とは思いますが )

 

 

延命十句経はもちろん心経の主人公も観自在菩薩=観世音菩薩(= 観音さま )でして

 

般若心経は、お釈迦さまが、( サーリプッタ )に対して

 

人が生きていくうえでのさまざまな苦しみ( 老い、病 )や人間関係の悩みに晒されてる中で

 

お釈迦さまの深遠な悟りの内容と優れた人格の象徴

 

人智の及ばぬ途方もない慈悲の原初

 

菩提心(=途轍もない慈悲=はかりしれないおもいやり)の象徴としての

 

観音さま( 観自在菩薩 )という御方が

 

苦しみから解放されるために必要な知恵を得るために一体どういうことを為さって

 

どういう境域に達し、何を悟ることで生老病死の苦悩を済度したかを

 

優しく語りかけるストーリー仕立ての構成になっています。

 

般若心経はいろんな響きを感受することが出来

 

その一断面を抄いとると見えない命の次元に働きかけることで
苦厄を度す自由自在な仏の生きた叡智が解かれたものとして観ることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

解釈は各人各様ですが、日本人に最も親しまれているお経が
日本人にとってなじみ深い観音さまを主人公にしたheart sutra( 般若心経 )です。

 

 

 

 

 

また

 

 

 

人間の営みの中における様々な苦悩を解き悟りへの道の障害を取り除く

 

観音さまにまつわる言い伝えは、あまりにも多いですが

 

メジャーなとこでは

 

親鸞という高徳のお坊さんが、あまりにも懊悩煩悶が深く、苦悩すさまじく

 

感覚との闘いに呻吟し、

 

聖徳太子所縁の六角堂に籠って修行していたときに

 

 

95日目に夢告で、とてつもなく美しいお姿で顕れた

 

 

という斯くも有名な言い伝えもあります。

 

 

この史実を裏付けるお経の経文では

 

観世音菩薩という方は

 

悟りを邪魔する障害を取り除くために八面六臂の活躍を為さっていて

 

喫緊の悩みから解放するアドバイス( 妙智 )を与えるために夢告という形で顕れることもあるし

 

 

相手が将軍なら将軍、童子、童女なら童子、童女

 

老人には老人の姿をして親しみやすい
受け容れやすい形で眼前に現われ信じる方の苦を除く働きをする・・
という法華経のお経もありますよね。

 

 

 

「今昔物語集」「宇治拾遺物語」など日本人に親しまれ読まれてきた日本昔話にも
苦悩に塗れ二進も三進もいかなくなった人々の苦しみの声を聞いて
塗炭の苦しみから解放されるように夢に出たり化身して働く観音さまがたくさん出てきます。

 

 

 

メジャーなのは宇治拾遺物語の「 わらしべ長者 」でしょう。

 

この昔話も象徴的ですが

 

どうにも切羽詰まって何もかもが困窮、逼迫した若者が全てを投げ出し

 

観世音菩薩( 観音さま )に21日間祈り続け

 

夢に出た観音さまのお告げを素直に信じることを決意したところ

 

決意し長谷寺を出て最初に手にしたのは一本の藁だった・・っていうアレです。

 

 

さらに

 

般若心経は、仏前では花の御経として宗派を超えて唱えられている伝統があるし
神前ですらも寶の御経として唱えられてきた伝統もある。

 

 

人々の苦の音を聞き苦を除くのに途方もない妙智力と慈悲を備えた
観音さまの(導きへ)の感謝と讃嘆が込められた十句経についても

 

宗派を飛び超えて、その名を知られている。

 

 

 

企業の中にも、観音さまの名を冠した企業があるほどです。

 

Canon( キャノン )という会社は観音さまの御慈悲にあやかり

 

世界で最高のカメラを創る夢を実現したいとの願いから

 

そう命名したと言われてるほどですから。

 

 

とどのつまり

 

そういう背景を鑑みた総合評価で、数多あるマントラの中でも

 

仏さまの知恵が凝縮された、この短い10句のお経( マントラ )を心の主人として責任もって

 

氣海丹田の寶所( 宝所 )に向けて

 

思いやりの気持ちを込め祈るような気持ちで一心に念誦し

 

不思議な安ど感に浸り

 

心象空間内を行き交う想念の振動数を高め上げる

 

 

気づかぬ罪障を除き、断絶されたものを繋ぎ直し

 

集合無意識的な恩恵の場に同参する

 

結果に拘らず観音菩薩の大きなお導きに任せるという事自体が

 

とっかかりとして日本人に合っていて実践するのにも優れている・・ということからも

 

お薦めできると考えた理由になります。

 

 

Sponsored Link