以下は、本サイトを読んで、実践しようとしている方々からの
ご質問に対し、お答えしたものです。
質問と併せて、少し加筆編集し掲載します。

 

 

( 以下、抜粋引用 )

 

 

(ここから)

 

Q、>貴殿はバイブルを今でもお読みですか?またバイブルを熱心に読むような方が、なぜ?般若心経や
>般若心経とも、また系統が違う大祓祝詞などを研究しておられるのでしょうか?>
また、読誦の際の注意点などはありますでしょうか?

 

A,
バイブルは世界一読まれている世界最古の本です。
私も地球人の一人なので、今でも読んでいます。

 

と言いましても口述書に出会って以降は、半年以上、こういう書を一切遮断して
「成功の実現」などの口述書に取り組んでいた時期もありますので
ずっと継続的に読んでいるというのも正確には語弊があります・・

 

 

一応バイブルは新共同訳やらドンボスコ社のバイブルやら含め何冊も持っています。
ある程度奇麗なものは図書館に寄贈してきているので、そこまで多くは残ってませんが・・

 

バイブル

 

バイブルを長年読んでよかったと思った(思う)ことは、こういう聖典とされる書を折りに触れ読み研究することで
形而上の探求に向かう気持ちが曇った時に原点に戻れたこと。

 

 

さらに、根気よく読んでいると自然に危うい誘惑から離れやすくなるのか・・
刹那的なものに溺れる生活を避け、そういうのから離れやすい生活に誘導されるのではないかと思われるので
地味に読んでいったことは結果的に、よかったと思っています。

 

と言いましても、そんな殊勝な大した生活してるのか??と改めて問うと・・大したことないのでは?・・と戒めの気持ちのほうが強いくらいですが。

 

尤も、読み方や探求の仕方もインドのヨギの本(後述)や口述書を相互研究し始めて以降、
一つの聖句を深く掘り下げていくスタイルにするなど大きく変えています。

 

 

( それはさておき )
そういう生活への緩やかな貢献にも増して僥倖と言えるほどよかったと思えることは

 

以前から、その存在は知っていたものの、食わず嫌いで避けてきたインドのヨーガ聖者の某本をじっくり読む幸いに恵まれたことが大きいでしょう。

 ↑
私もこの本は、相当に読み込んでいますがボロボロになったので最近買い直しました。
この書の内容は決して俗化したものではなく出家を標榜するような方でも難しい内容のため、広く大衆に受け入れられるという内容ではないと思われます。

 

併せて大乗仏教や多神教の神社神道が根付いている日本において
一神教のキリスト教的価値観も底流にある、これらの書が日本においてメジャーになるとは考えにくいです。

 

( きちんと読んでいくと、多神教的神観と一神教的な神観も高い次元で矛盾なく調和させ統合せしめる内容が含まれているんですが
問題意識もなく、そういうのに関心がない方が1、2回読んだくらいでは、そういうのに気づかないと思いますけど・・(-_-;) )

 

 

 

 

しかし、とにかく尊い‥心を洗う聖なる書で、より高き人生へ心を駆り立てる書であることは断言できますので、そういうのに興味のある方は読んで研究していく価値はあるかと思います。私は、この書を読んで研究することで、やっと形而上の探求のスタートラインに立てた気がしていますから。

 

上記の・・知る人ぞ知るインド聖者の本を読むことで学生時代から探求してきて長年解けず悩ませてきたバイブルの中でも特に難解な比喩・・例えば創世記3章やヨハネの黙示録の難解な比喩などを、同書であっさり体験的に解きほぐして解明し、人間の矛盾状態、感覚の隷属状態から抜け出す科学的方法も提示し可能性を開闢していることも知り研究する気になったし
( バイブルを読んで研究してきた背景の御蔭で )一読で、「 この本の著者は正真正銘の聖者で本物だ!」と確信できたというのも、( 五里霧中から )形而上の探求のヨチヨチ歩きが漸くできるかもしれないと思った安ど感と併せて、とても良かったと思っています。
バイブルについても、以前より、少しは理解できるようにもなった気がしますし半信半疑だったキリストの復活についても可能性を感じられるようになりましたから。

 

 

バイブルの難解な比喩を解けず研究し長年悩んだ土壌がなければ、この書を読んでも、何の引っ掛かりもなく見れども見えず・・左の耳から右の耳を通過するだけ・・
また、その奇跡的な非日常の体験に只圧倒されるだけ・・
猫に小判で、その価値や有難味が決して分らなかったでしょう。

 

あと・・これは後付けの理由になりますが、このような崇高な書に、ある程度、すんなりアクセスできたのは、心身統一法の生活への組み込み実践で心の深いところの大掃除を実践継続していたことも大きかったであろうと自己分析しています。
( 心身統一法がバイパスしてなければ、圧倒され感動しただけで、「 だから何・・所詮自分とは無関係・・」で終わっていたと思っています。このブログ記事でレビュー記事を執筆し激賞はしていますけど )

 

 

なおメルマガで、バイブルなどを殆んど取り上げないのは、日本人はバイブルになじみが薄く読者にとってニーズがあまりないだろうと考えるからです。

 

 

 

次のキーワード(トピック)の般若心経についてはメルカリなどで天風先生が直筆した般若心経が出品されているように

 

中村天風直筆 般若心経

 

 

天風先生も研究しておられたようだし、日本人にとって、最も馴染みのあるお経なので、遅ればせながら私も幾ばくか研究しています。
尤も私の場合は、ここ数年は読経よりも以下のような写経に重きを置いた実践的研究のやり方にシフトしています。
心経読誦の積算も5万巻で一時保留しています。

 

以下は、自己訓練と研究の一環で写経してきたものの一部
 ↓
写経
( ※上記は、ごく一部です。記録を取って地道にやっていったら、辛いとかいう努力感は殆どなく、いつの間にか積算1000枚近くになっていました。
同調圧力が強いなかで、仕事の宴会などで、(飲まないことを)時に貶されたりしながら、お酒を控え避ける生活を続けるほうが<比較すると>写経1000枚近く書くより遙かに内面的に辛かった印象が強いくらいです。人それぞれかもしれませんが・・。

 

いずれにしろ、こういう体験的事実からも、やはり天風先生の心身統一法の心の奥底の大掃除法を実践することによる意志力渙発法は、仕事などを含む実際生活で意志力や克己力を高めるのに、頗る優れていることが分ります。口述書などを通して原書に触れ心身統一法を知らず、心の深い層の大掃除を施し、心の特別なお手入れを継続してない根が薄れた流されるままの以前の私だったら、こういう小さな取り組みも継続できなかったと思っています )

 

 

 

3つ目のキーワード( トピック )の大祓祝詞を研究しているのは・・・
これについては心経と違って天風先生も、あまり研究なさってないようなので
それなら!!と、やってみたくなって取り組んでいる所が多分にあります。(-_-;)

 

 

習慣や脳の可塑性、現状維持に止まり続ける・・あるいは向上とは反対に働く悪習性・・
退転、向下せしめる見えざる力にフォーカスし、それを突破する方法についても
天風先生は口述書内で習慣は第二の天性として重要視していたけれども
先生は研究を深めておられないようだったので、それなら私がやってやろうと一念発起し研究したというのが大きいです。
なお
般若心経については100万巻読誦達成者のページを含め関連ページを含め体験者も多く、「 般若心経 100万巻 」で検索すると100万件数以上ヒットします。

 

 

般若心経 100万巻

 

上記リンクのように多くの方が盛んに心経の読経をしていることを彷彿させる検索結果に対し
大祓祝詞の読誦積算については

 

大祓祝詞 1万巻

 

 

で検索してすら2021年現在、100件未満しかヒットしません。

 

極めつけは、心経だったら読経を沢山した方の経験談が、それなりにあるのに対し

 

大祓祝詞 は、「 大祓祝詞 1万巻読誦 」で検索してすらも体験者のページが1件も出てきません。

 

その道の神主さんとかだったら、修行の一環として、10万巻修行などをやってる方はいらっしゃるのかもしれませんが・・あまり聞きません。
本居宣長翁の功績は大きいですが、功績が大きすぎるゆえに、翁の祝詞読誦の累積に対するネガティブな見解の影響が大きかったのかもしれません。

 

ある意味では本居宣長公の見解に囚われなかったのが
黒住宗忠公ということも出来るのかもしれません。
公は田舎の神主さんの身で、その職をこなしながら、並行して、千度祓などを数多くこなし、とりなしによって公を無垢に信じるお弟子さんたちの周りで信じられない様な奇跡が起こっていたと聞いてますから。

 

何れにしろ私たちのような市井の方の体験談を見つけることができません。

 

 

以下は暗唱のために書写した大祓祝詞ですが・・・

 

 

 

大祓祝詞は古雅純朴な大和言葉から成っていて外国の言葉が混じっていないとされています。
歴史的にも日本人のアイデンティティの根幹をなすものと考えられ神秘的で尊い功徳があることは、ごく一部の方に知られてますが、もっと尊ばれなけらばならないはずなのに、一部を除き、累積させ体験を深化させる研究は、なぜか、あまり注目されていません。
ですので、全くの門外漢であっても逆にやってみようと思ったというのも大きいです。

 

 

 

 

読誦の際の注意点は、必ず肩の力をすっと抜いてクンバカ体勢にし
かつ臍下7cm位の仮想空間を硬くし
目線を眉間の奥にしつつも硬くした下腹から、囁き声程度で良いので声を出すつもりにすると腹力も養えてよいですよ。

 

Q,
>安定打坐を熱心に行修していたら聴こえるようになるとされるナーダ音ですが、ナーダ音と一般的な耳鳴りは>どう違いますでしょうか?

 

A,
明らかに違います。
一般的な耳鳴りで4〜5時間も、その音ならぬ音に心が誘惑・・魅了され、うっとり聞き入ることは出来ないでしょう。

 

ただ、これについては説明するのが難しいです。
お米を一度も食べたことのない外国の方に、お米の味を説明する以上に難しいです。
「食べて味わってみてください。」というのが、一番的確なアドバイスになるでしょう。

 

 

なお瞑想を深めることが出来て、これを深めるにつれ幾つも聞き分けられるようになり瞑想に熟達していくと摩訶不思議と申しますかユニークなことを日常生活で体験すると思います。
瞑想は、今は、あのgoogleやAppleも幹部研修に取り入れているくらいですので、世界的な超一流企業においては、もうメジャーになりつつありますね。
( 敢えて苦言を呈すなら、googleやAppleで採用され行われている瞑想には決定的な欠陥があると愚考しますが、深くは書きません )

 

 

どの瞑想というのは問いませんが、

 

目覚めてすぐは自我防衛の暗示障壁が薄れ、かつ意識が深いところに入りやすいので、時々織り交ぜるのもよいかと思います。
感覚遮断がされて心が深く深く鎮まっていき感覚領域を超えた領域に入っていくと瞑目しているのに瞑想中にまぶしい光を見るようになったりします。
(想像の光ではない)
瞑想中に( 想像した光ではない )まぶしい光を見るというのも、
そこまで高くない段階とされてるとはいえ、そうであっても、ナーダ音同様に、相当に心境の変化を促し世の中の捉え方、感じられ方、体験のし方が変わってくるかと思いますので、目安にはなるかと思います。( 自身の限られた体験のなかでしか語れませんが・・・ )

 

ただし、結局これも、またお米を一度も食べたことのない外国の方に、お米の味を説明する以上に難しいでしょう。
「食べて(実践し)味わって( 体験して )みてください。」というのが、一番的確なアドバイスになるでしょう。

 

 

Q、
>前回のメルマガでは大谷選手を取り上げておられましたが、大谷氏は、天風先生の御本を熟読>していたと聞きます。高額納税者で有名な斎藤一人氏も、この本を1000回読んだという記>事があったのも記憶しております。貴殿も、当然この本を熟読しておられると拝察しますが、>やはり今でも読んでおられるのでしょうか?

 

A,
勿論読んでいます。
潜在意識領の消極的な潜在記憶のお掃除や意志力の実際渙発のことや信念の渙発方法も含めて理論的に体系づけることのできている本は
散々探し回っても「口述書」くらいしかないですから。

※ボロボロになったので、これも買い直しています。

 

なお一念発起して自らを鍛え直そうとしても( 潜在意識の深いところに溜まった )消極的な潜在記憶に絡めとられて
むしろ、やらないほうがよかったのでは?等といった感想を抱きがちな事例として以下のページも参考になるかと思います。

 

 

脳の中に住み着く、「もう1人の自分」をやっつけよう (斎藤一人)

 

 

尤も、読むと言いましても私の場合は、特殊な方法で積極的な習慣慣性の鋳型を作製して後は
その後も、かなり特殊な読み方をしています。
心身統一法を実践し進化、深化させていくと、セルフ・トークが先ず更改されていきます。

 

セルフトークというのは、一人一人の感情や行動に影響を与える´独り言´のことで、思考の癖、自動思考パターンにも直結しています。自分自身や起こった出来事について、頭の中で行う内的な発話を指すのですが
これが少しずつ更改され積極に変わっていき習熟するにつれ運命や境遇に影響を与えるほどになると共に
心境の変容にも大きく貢献し感じせしめられる感応性能も調子を戻し、日々の感じ方が大きく変わって、自分自身を乗り越えて行こうとする気概も蘇っていきます。

 

なお、深いナーダ音を聞き分けることが出来るようになると、また一段と心境の変化が加速するかと思います。

 

(中略)

 

口述書( 「 成功の実現 」 )でも、ロックフェラー三世の奥さんが、あれだけの大金持ちで何不自由ない幸福で恵まれた境遇と傍からは見えるのに
「不幸を感じることが大ありで主なものだけでも百くらい不幸を感じることがある」。
と述べています。

 

 

思ったり考えたりすること、そのものの内容を自覚できる実在意識の、さらに奥の潜在意識領が消極的観念要素で一杯になって感応性能が調子を崩すと
思ったり考えたりする心の働く階層とは、もう一段階上の意志の力が出難くなってしまいますし

 

( 傍からは何て恵まれてるのだ!!と思われるような方ですら感応性能が調子を崩すと )
当の本人は、世の中を不幸福の方面からしか感じられなくなり
そのようにしか感じられないから、当然、不幸福の方面からでしか現象界を観れなくなるので注意が必要です。

 

( どんなに心で頑張っても心で心は済度できない・・同一次元、同一階層面で働く心とは違う次元のより上位の力の発動が必要になるわけで、私は、20代の頃にこれに悩んで、ここに気付いて発見するのに恥ずかしながら十年以上も暗中模索が続きましたけど )

 

本能心と理性心の相克に悩みがちな自我の底の各々に潜む潜在意識領を浄化(積極更改)し、心とは別次元の意志力を渙発させ
本当の自分と敵対させることなく、天風先生の定義で言うところの生きとし生ける生命を活かす大生命(=宇宙霊)との関係をも回復させ
自我を超えた本当の自分とも和解をしていく。

 

また生活の目標を人に喜んで貰う事を常に考え、それを言葉や行為で表す役立ちを標榜した霊性の満足において心を積極更改する霊性生活を心がけ
同時並行で世界的名著の一つである「7つの習慣」( スティーブン・R・コヴィー著 )などで時代を超え働き通有する不変の原則や何が潜在意識を汚すのかを学び※1心身統一法を実践しながら※2不要残留本能の陶冶を倦まずたゆまず少しずつでも為すことが出来たら・・

 

結局これも緊急ではないけれども重要なことに時間を割き、瞑想を含む一人の内省的時間を大事にするということに帰結するのだと思いますが・・・

 

瞑想を訓練し深化させていくと

 

受、想、行、識で循環する心の取り扱いに長けていき

 

自らの癖と言いますか消極に傾きやすい自動思考にもハッと気づきやすくなります。

 

併せて

 

生活が身ぎれいでシンプルになり、潜在意識の驚異的な力を含め、自己の最大能力が出やすくなって、以前よりは良い方向に変わるのは必定でしょう。